|月と眼鏡と私|

保育士、司書のち保育士。東京1年生のお気に召すままに。.*,・*.*,・* just a diary .*,・*

私のお化粧改革。

お題「これ買いました」

 

「化粧してる?」

「顔に色ないね」

「もっと化粧した方がいいよ」

 

と私の周りの辛口ガールズに散々揶揄されたので・・・(笑)

最近、メイクの見直しを始めてみました。

 

元々お化粧自体にあまり興味のなかった私。

寧ろ”女性はスッピンに近ければ近いほどいい”と、20歳くらいまでは本気で思っていたので、周りの女の子たちよりもメイクやファッションに興味を持ったのは遅い方かと思います。

21歳の歳、私が社会人になるからと、母が百貨店で私に合う化粧品を見繕ってくれました。それがルナソルのリキッドファンデーション、私の初めての化粧品です。

 

「お化粧初めてです。どんなものが似合いますか。」とBAさんに質問した時、「メイクデビューなのですね!何が似合うかお探ししますね」と嬉しそうに、そして私の顔に楽しそうに色を乗せてくれるBAさんを今でも覚えています。

 

それからお化粧に少し興味を持ち、自分なりにメイクの仕方を調べて出かける事も増えました。懐かしい・・・

 

「スタイル良いのになんか残念だよね」「服装かな~」と当時は色々言われたものですが、私がメイクやファッションに気を遣うようになると周囲の人達も驚いたようで、

「雰囲気変わったね」「いいとおもう!」「垢ぬけたねー!」とよく褒めてくれました。そして異性にもよく声を掛けられるようになりました。要はナンパですが。

 

私はどうやら化粧映えする顔立ちだったらしく、「きれい」「美人さん」と言われることが極端に増えたので戸惑ったことを今でも覚えています。(自慢でも何でもありません)

 

高身長な事がコンプレックスで目立たないように控えめに生きてきたので、お化粧をして少し身なりに気を遣うだけで、周囲の私に対する見方も変わるのだなあと実感しました。

 

それから数年後のここ最近の出来事で、冒頭に戻ります。(笑)長い前置きですみません。

お化粧デビューをしてからというもの、馬鹿の一つ覚えのように、仕事に行くときも遊びに行くときも同じメイクを繰り返していました。やはり私の中でデパコスやプチプラ問わず、どれも同じものに思えたし、どんな塗り方をしても変わらないと考えていたからです。

がしかし、世の中には流行り廃りあるものでオシャレに敏感な辛口ガールズ達は言うのです。

 

「メイク変えないの?」「年々薄いよ」「そんな服私なら着れない」と・・・

(因みに私は気に入った服を色違いで全色揃えてしまうタイプです)

 

そしてとうとう私のやる気スイッチが入りました。”お化粧を見直そう!”

 

まず、薄いと言われたシャドウについて、辛口ガールズに誕生日プレゼントで貰ったこれまたルナソルのブラウンシャドウ(かれこれ5年目)とさよならをする事にしました。薄い薄いと言われたのはこの子が原因かと思います。シャドウにも発色というものがあり、何でもいいやと使い込んでいましたが、5年目ともなると発色とは?状態だそうです。(私の物持ちの良さ)そして付属のチップもポロポロと欠けている。

 

お化粧改革にあたり、やはり美容通の友達に聞くのが賢明と判断したので、韓国大好き元モデルのおめめクリクリ子ちゃんに相談する事にしました。

(辛口ガールズには頼らないぞっ!)

その子に話すと、

「あなたは今のままのメイクでも十分似合ってると思うけど…薄いと言われるのはきっとその子達が濃いからじゃない?似合う似合わないがあるから、気にして変える事はないと思うけど、でもお化粧って楽しいから、私のおススメを教えるね!」と。

 

心までビューティー・・・女神様かな・・・

 

そしておめめクリクリ子ちゃんおススメのアイシャドウを無事購入!!!!

それがこちらです。

 

エチュードハウス プレイトーンアイパレット #ヌードミルクティー

 

productPIC

全部で4つの種類と、パレット内は6色で展開。どれも可愛くて悩んでしまいました・・・

沢山悩んだ挙句、初心者でも挑戦しやすいようなヌードミルクティーに決めました!色合いが優しくて、一番ナチュラルに感じたからです(*^^)

 

そして何といってもお気に入りは右端の楕円状のパレット!!

何とこの子はチークになっているのです!!!

パレットのシャドウに合うチークになっているので、目元は薄いのに頬だけやけにピンク・・・とか、何となくオレンジチークしてみようかな・・・なんていうお顔全体のちぐはぐ感を(私だけかもしれませんが)解消してくれます!

私はもうチークに悩みません!もちろんシャドウとしても使えるらしいので合うように好きに楽しめますね(*^^)v

6色というのも私にとっては魅力で、あまりに多いと組み合わせや配置バランスに困ってしまう、そして絶対に使わない色が出てくる・・・捨て色がないパレット、いいですよね!!

 

合わせておめめクリクリ子ちゃんおススメのメイクブラシも購入したので、

これから練習していきたいと思います!

久々の女子だなあと思う買い物(今ではもう男性も化粧品を買う時代ですね)に胸が高鳴るうちは私もまだまだお化粧楽しみたいのだなと実感。

 

美しさは強さと聞いて!

辛口ガールズをぎゃふんと言わせるべく(笑)

楽しくメイク改革をしたいと思います!

使ってみるのが楽しみです(*^^)v

 

#これ買いました#お化粧品#お化粧#メイク#シャドウ#メイクブラシ#

 

水道から洗面台へDIY②

 

物件が決まってからというもの、私は水道さま改革に頭を悩ます日々が続きました。すぐに引っ越しも出来ないですから保存してあった不動産の掲載写真や彼が送ってくれる写メとにらめっこ・・・

友達に意見を仰ぎ、ニトリに足を運んでは水道さま周りに合う収納ラックの検討会。

 

私が水道さま改革に叡智のすべてを費やしていたものですから、(笑)

彼も気になっていたのでしょう、

「すず(私)がこっちに来るまでに出来る事はやっておくから!」

(もちろんお願いしたいです)

「貼る鏡って知ってる!?壁に貼ってあげるよ!」

(貼る鏡とは何ぞ。壁に貼って大丈夫?クロス剥がれない?)

「カーテンかけて脱衣所も作ろうか!」

(作る気でした)

 

私の心の声がうるさいですね。(笑)

彼はその時点で千葉に住んでいたので、寸法採寸などは全てお任せしていました。がしかし、水道さまは自分の使い勝手の良いようにしたかったので、気持ちだけありがとう・・・貼る鏡は大丈夫です・・・

 

東京での生活、不安の種は水道さま、それ以外になしと思うくらいにポジティブな私は(笑)水道さま改革に胸を膨らませ、ついに東京へと引っ越しました。

 

GWは彼と買い出しに奔走し、そして・・・ようやく完成しました。

水道さま・・・あの水道さまがこちらです。

 

f:id:suu__z:20220624182810j:image

 

どうでしょうか??

生活感満載なのは否めませんがとっても使いやすくなり、自分なりに満足しています。鏡周辺はほぼ100均で揃えました。ニトリの収納ラック3段に私のコスメ、美容グッズも無事に収まったので一安心です。

タオルの収納位置が高すぎると友達に言われてしまいましたが・・・

高身長カップルですので問題はありません☆

 

立派な洗面台に・・・なれたでしょうか?

一緒に手伝ってくれた彼も「完璧!!」と喜んでいました。彼の洗面用具もちゃんと設置してあるので、便利になったそうです。

共同生活、お互いが使いやすいのが一番ですよね。

 

初対面では、この・・・洗面台どうしよう!?と心がざわついてしまいましたが、(笑)アイデア次第で何とでもなるのだなあと思いました!

そしてSNSにはアイデアが溢れています。

私の水道さまも助けられました。

DIY、たのしかったです。

 

洗面台を目指して奔走していた私ですが、水道さまと連呼しているうちに愛着が湧き、今でも水道さまと呼んでいる私です・・・(笑)

 

 

#上京#同棲#水道#洗面台#DIY#アイデア#閃き#なんとでもなる

 

 

水道から洗面台へDIY①

 

初めてのDIYにチャレンジしてみました。

と言っても木材を切ったりノコギリを使うわけでもないので、DIYと言っていいのか分かりませんが・・・

 

2022年5月2日、東京で同棲を始めることになりました。

物件決めの段階からスムーズにはいかず、(お互いの条件の違い)10件以上も内見に行き、やっと決まった物件(私の妥協と譲歩)です。

彼も私の希望に合わせると言ってくれていたのですが、上京する時点で私は無職。勿論就活するつもりではいましたが、彼の仕事に合わせる方が賢明かと判断しました。

それに何より10件以上も内見して疲弊しきっていたので正直もう何でも良かった(笑)

 

そんなこんなで決まった物件。どこをDIYしたのかというと、洗面台です。

正直、独立洗面台が欲しかったのですが・・・

何かを妥協しなければ決まらない、そう、それが東京でのおうち探しです。

田舎ならばすぐに決まるのに。

分かってはいたのですが東京は地元と違って家賃も物価も高い高い。

築年数の古さはあるものの、まだ内装がきれいなところを選んだつもりです。が、もれなくついてきたのがふる~い洗面台。いや、最早洗面台と呼ぶことさえおこがましい。こいつは水道・・・そう。水道と呼ぶのがぴったりです。せめてもの敬意を込めて水道さまとお呼びしましょう。

 

問題の水道さまがこちら・・・3,2,1,どーん。

f:id:suu__z:20220623163417j:image

どうでしょうか。何だ、思ったよりマシじゃないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私が実家に住んでいた頃や一人暮らしをしていた頃に比べると、洗面台レベルは格段に下がってしまったのです。

 

それに何より私は化粧水や乳液、クリーム、パック等々がとても多く、洗面台裏、もしくは下の収納に助けられていたので、初めて水道さまにご対面した時は"どうしよう"という気持ちでいっぱいでした・・・。水道さまごめんなさい🙇

 

#上京#同棲#水道#洗面台#DIY

 

👓もぐらキッチン

 

眼鏡がいた。2人。2017年10月13日(金)

 

 

仕事終わりの飲み会の席。4対4の所謂合コンだ。

当時はお酒が大好きで休みのたびに街へ繰り出しては色んな飲み会・合コンと参加していた。警察官や消防士、アパレル店員に大学生、サラリーマン、女性無料の相席居酒屋は常連だ。行きつけのラウンジ、馴染みのバーがあった。たくさんの人たちと出会った。

 

保育専門学校卒、21の歳から働き始めた私たちはまだまだ遊びたい盛りで金曜日の夜は毎週遊び惚けていた。

そんな時期の飲み会であったから、出会いが欲しいというよりも楽しい場や雰囲気が好きな私はそれほど”男女のお付き合い”に価値を見出していなかった。

 

もぐらキッチン。駅前付近の少し小洒落たご飯屋さん。

到着して席に着く頃には男性陣はみな鎮座していた。さすが銀行員。

お金だけでなく時間にも正確なのか…なんて考えたりして。

 

「遅れてすみません!」と隣で気合十分の彼女が言うので慌てて私も一緒に

「すみません。」と一礼。遅れてはいないけど。ちなみに女子メンバーは専門学校時代の気心知れた友人と、初めましてのクレープ屋さんの女の子。どこの誰だかも知らない女の子と一緒に合コン。当時はよくあった。

 

相手方の幹事さんが音頭をとり、飲み会がスタート。

自己紹介や他愛のない話が始まったが、仕事終わりでお腹はぺっこぺこ。話もどこか上の空だった。

 

横の彼女を見ると、今回ははずれであったらしい。

あれだけお喋りの彼女の口数が減るのは、つまらない、という証拠だ。

まあ確かに、ぱっと見の初対面の印象は4人中4人、ぱっとしないだろう。(失礼極まりないが)

 

眼鏡が2人。太フレームの黒縁眼鏡。

眼鏡だからという訳ではないが、何というか、のび太くんを彷彿とさせる。

うち中々に喋り方、挙動が気になる人と、一言も喋らない堅物。

隣の席は盛り上がっているのに私たちの席は人選ミスと言うかなんというか。

私もお喋りな方ではないので、マシンガントークの彼女が試合終了してしまえば

お葬式ですか??と言うような雰囲気に。

通路を挟んだ隣からは笑い声と盛り上がりが直に伝わるので一層そんな気がしてきた。

 

堅物でない方が何かと話題を振ろうとしてくれているが、やはり慣れていないのが伝わる。そして挙動が気になる。緊張しているのだろうか・・・

まあいいや。お腹がペコペコな私は、とりあえず目の前の食にありつくことにした。

腹が減っては何とやら、と言うだろう。

この人たちともどうせ今日限りだ。私たちに当たって残念だろうがこちらも残念だ。

早く終わらないかな・・・なんて考えていた時。

 

「オムライスたべる?」

 

 

#馴れ初め#飲み会#出会い#銀行員#オムライス#小説

👓銀行員と付き合いたい

 

「銀行員と付き合いたい!」

「公務員の彼氏が欲しい!」

「お金が大事!!!」

 

とよく豪語していた私の友達は思った事をハッキリ言うタイプ。

少々言い過ぎでは?と思う事もあるものの、

彼女の発言はいつも的確で的を得ているのでみんな納得してしまう。

鋭い着眼点が面白く、話が愉快。一緒に居て楽しい女友達の1人だ。

 

f:id:suu__z:20220624084647j:image

 

そんな彼女が当時よく言っていた、

「銀行員と付き合いたい!」という願望から

彼女の友達のツテで、本当に銀行員との飲み会が開催される事になった。

 

今時3高と言うと古いかも知れないが、

彼女は男性の職業や年収を交際の条件にいつも挙げていた。

(他にも肌や服装、車等、数え切れない条件があったが)

 

対して明確な希望も願望もない私は、そんな話を聞いているだけで楽しかった。

理想は多いが、そんな話をしている時の彼女はとても可愛いらしく思えたし、

少し羨ましくもあった。

 

私には"お付き合い"や"彼氏彼女"というのがどこか他人事だったのだ。

 

 

「一緒に行こうよ!!!」

と誘われるがままに参加した飲み会。

そこに眼鏡がいた。

 

 

 

#馴れ初め#眼鏡#合コン#出会い#銀行員#小説